サラリーマンの平均年収


サラリーマンの平均年収は、平成22年12月31日の
年齢別データによると、19歳から、54歳ごろまで年々上昇し、
さらに女性の平均年収と比較すると、 かなり高いものとなっています。


ちなみに、男女別平均年収では、男性が平均649万円に比べ、
女性の平均は283万と大きな開きが出ています。


男性の収入 が年齢とともに上昇していくのには、
年功序列制があるからで、若いうちは平社員でも、
係長、課長、部長とランクが上がるにつれ、
年収も上昇するというケー スが一般的ではないでしょうか?


しかし、今年の3月一都3県在住サラリーマン300人に
年収、貯金、借金等についてアンケートを実施したところ、
男性 300白人の平均は592万円となっています。


しかも、独身者の平均年収は、513万円に対し、
既婚男性の平均年収は671万円という結果になりました。


平成22年の平均年収と比較すると、
不景気等の影響でやはり減少はしていますが、
男性が結婚しているとしていないのでは、
年収が大きく違ってくるようです ね。


また、男性の平均年収を押し上げたのは、
貯蓄額が300万円以下の男性が半分以上を占める富裕層でした。


おすすめサイト: サラリーマンが副業で稼ぐ方法

ビジネスアイデア発想法



メ ルマガ【ビジネスアイデア発想法】


メールアドレス ※


このページの先頭へ

イメージ画像
システムが強いFX会社は